ローンカードの審査が通りやすくなった理由

04.17

w

かつてキャッシングローンといえば有担保ローンが当たり前でした。
さらに借り入れ資格を正社員で安定した収入があることなど厳しいものとし、貸し倒れを防いでいたわけです。

しかしグレーゾーン金利が廃止になり、消費者金融はより多くの顧客を開拓する必要に迫られました。
広い顧客層から浅く金利を回収するという業態への転換を図ったわけです。

顧客層を広げる唯一の方法は利用しやすいサービスを展開すること。
どうすれば利用してもらえるかを研究した結果生まれたのが、担保なしで融資枠の審査に通れば何度でも利用でき、審査もスピーディーなローンカードでした。

現在はオンライン上での申し込みも盛んに行われ、ローンカードはより便利になっています。
少額の融資枠であれば即日融資は当たり前、モビットは在籍確認無し、プロミスは在籍確認を給料明細で行うなど、これまでにネックであった審査の煩雑さを解消したサービスを行っています。

こうしたサービスの充実の理由には、各社が人物パターンなどの分析を行って独自のリスク計算システムを開発しているということも挙げられます。
これまでのデータをもとにリスク管理を行い、それを審査の簡略化に活かしているのです。

以前に比べてローンカードの審査がとても通りやすくなったのは、こうした企業努力が背景にあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年1月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る